その他の情報

  1. HOME > 
  2. その他の情報 > 
  3. 犬の糖尿病

犬の糖尿病

2015.04.30

犬の糖尿病

animal_dog

<原因>

膵臓から血糖値を下げるホルモンである、インスリンの分泌が低下することによって起きます。

 

<発症>

中〜高齢に多く、雌雄差はほとんどありませんが、メスでは避妊手術をしていない犬に多いです。

 

<症状>

初期には、多飲・多尿・多食が見られます。症状が進行すると、元気消失・食欲低下・下痢・嘔吐・体重減少などが認められるようになり、高血糖の状態が持続すると白内障を引き起こすことがあります。

dog_pet_water小    pet_byouki_dog 小

 

<診断>

血液検査:血糖値の確認。

尿検査:尿試験紙にて、尿糖の確認。悪化時にはケトン尿の出現。

ケトンとは??
インスリン不足で血糖をエネルギーとして利用できなくなった時に、脂肪を分解して糖を作ります。その際に生成される物質がケトンです。

 

<治療>

偏ったライフスタイルが原因で発症する人間の糖尿病の場合、治療は運動と食事管理が基本となるのに対し、犬の場合はインスリン分泌の低下が原因なので、ほとんどの場合でインスリン投与が必要となります。

<適切なインスリン量を決定するために>

・ 糖尿病は多食になり肥満傾向になるので、体重管理と必要カロリーを設定します。

・食後の高血糖を予防し、インスリン療法を安定させるためにドッグフードの種類を決定します。

・摂取カロリーとバランスのとれた運動をします。それによりインスリンの量を最小限にすることが出来ます。

 

iryou_chusyaki小dog_taiju小  pet_food_dog 小

<予防>

早期発見が大切です。

多飲・多食の症状に気がついたら早めの来院を!

また、雌は避妊手術をすることでリスクを減らすことが出来ます。

animal_dog

 

電話にてお問い合わせください。
048-992-2299

おがわ動物病院【画像】

所在地:
埼玉県北葛飾郡松伏町松葉1-6-2
アクセスマップはこちら
TEL :
048-992-2299
FAX :
048-992-2439
診療時間:
午前9:00~12:00
午後4:00~7:30
休診日 :
木曜、祝日、日曜(午後)
診療カレンダーはこちら
診療対象動物:
犬・猫・小鳥・ウサギ
  • スタッフブログ
  • 求人情報

PAGE TOP