スタッフブログ

  1. HOME > 
  2. スタッフブログ > 
  3. 明けましておめでとうございます!(追記有り)

明けましておめでとうございます!(追記有り)

2015.01.07

明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い致します!

 

 あっという間に2015年!一年間があっという間で本当に怖いですどんどん老いるよ><

 

我が家の犬達もすっかりおじいちゃん犬になってきています

1420533991320←マロ今年で13才)1420534010242←コボ今年で10才)

昨年は大きな病気も無く元気に過ごしてくれたので本当に良かった

 

ただ・・・マロもコボもお口が臭い・・・もう何度かスケーリングをしているのですが、すぐにお口が汚れてしまい、歯石が付いてしまいます

やはり診察を見ているとスケーリングして一年しかたっていないのにもうこんなに歯石が!!とお口が汚れやすいのは、小型犬種の子の方が多い気がします。(ダックスフンド、プードル、ポメラニアン、ヨーキー・・などなど)

毎日お口のケアをしてあげれば、もう少し歯石の付くスピードを遅くすることも出来るとはお思うのですが・・これがなかなか大変なんですよね


たかが歯石されど歯石!あまりにも歯石がつきすぎてお口の環境が悪くなってしまうと歯周病を起こし全身性の病気を起こしてしまったり、あごの骨が溶けてしまうなんてこともあります

 

毎日のお手入れが一番大切ではありますが、お口が臭いなぁ〜と思ったら早めのスケーリングが重要です(我が家の犬達も今年スケーリングをしてあげないと!)

2015年も美味しくご飯が食べられるように、定期的にお口チェックをしてあげましょう

 

看護師 戸井



 


2014.1.13追記

おがわ動物病院のスタッフの一員である猫のパークが2014.1.9に虹の橋を渡りました。

 

パークは若い頃からくしゃみ&鼻水の多い子で、ハウスにはよく鼻水が飛んでいました。

去年の夏頃から急に鼻血が出るようになり、治療をしてもなかなか良化しませんでした。そして9月頃には目頭の部分に腫れが見られるようになりました。

麻酔をかけて細胞を採取し、検査したところパークの鼻の中には【悪性上皮性腫瘍】があることが分かりました。

それからは内服等で少しでも進行を遅らせられるように頑張って治療をしていたのですが、腫瘍はみるみる大きくなり・・・

若い頃のパーク    →2014.9頃       →2014.10頃     →2014.11頃

ぱーくP1000584P1000597P1000620

 

すごく苦しそうなときもなでてあげると嬉しそうにし、なでるのをやめるともっと撫でてと頑張って鳴いて、パークは最後まで甘えん坊でした。

最後までがんばり抜いたパーク、お疲れ様でした。

P1000232

PAGE TOP