その他の情報

  1. HOME > 
  2. その他の情報

呼吸がおかしい?|犬と猫の胸水について

2024.05.21

呼吸がおかしい?|犬と猫の胸水について 胸水とは、胸部にある肺や心臓の外側に異常な量の液体が溜まってしまう病気のことを指します。この状態になると呼吸機能に影響を及ぼし、治療を怠ると命に危険を及ぼすことがあります。また、胸水が大量に溜まると肺が圧迫され、呼吸困難になり、酸素不足から皮膚や舌が 【詳細を見る】

インコの羽が抜ける…|これって病気?

2024.05.21

インコの羽が抜ける…|これって病気? ご家庭のインコの羽が突然抜け始めたら心配になりますよね。繊細な生き物なため、少しでも様子に変化が見られると原因が気になると思います。 インコには換羽という生え変わりの時期がありますが、これは正常な生理現象です。しかし自分で羽を引き抜いている、 【詳細を見る】

犬の肺高血圧症について|早期発見がなによりも大切

2024.04.10

犬の肺高血圧症について|早期発見がなによりも大切 犬の肺高血圧症とは、様々な原因によって心臓から肺に血液を送る肺動脈の血圧が継続して高くなる状態のことを指します。この状態に陥った場合には予後は悪く、根治もできないために余命も限られてきてしまいます。 今回は犬の肺高血圧症について、 【詳細を見る】

ウサギの食欲がなくなったら|原因と対策について解説

2024.04.10

ウサギの食欲がなくなったら|原因と対策について解説 うさぎは犬や猫と比べて、常にモグモグと口を動かしていますよね。彼らにとって食べることはとても大切なことで、食欲の低下はすぐに命に関わるということをご存じでしょうか。 今回はうさぎの食欲低下について、その原因や対策について解説して 【詳細を見る】

インコの卵詰まりについて┃生活習慣を見直してできるだけ予防しましょう!

2024.04.05

インコの卵詰まりについて┃生活習慣を見直してできるだけ予防しましょう! メスのインコと生活していると最も心配な病気のひとつが卵詰まりです。動物病院でも日常的に遭遇する病気のひとつでもあります。卵詰まりで危険な状態になってから動物病院を訪れるインコも多いですが、いち早く対処することが大切です 【詳細を見る】

犬の心臓病で気を付けることは?┃よくみられる病気や予防法を解説

2024.04.05

犬の心臓病で気を付けることは?┃よくみられる病気や予防法を解説 心臓病は犬の長寿化に伴い発生率が増え、がんや腎臓病と並んで「三大死因」ともいわれています。症状が表に現れにくく、病気の存在に気がついた頃にはかなり進行しているケースも少なくありません。そこで今回は病気の存在にいち早く気がつける 【詳細を見る】

犬の拡張型心筋症について|命に危険を及ぼす疾患 

2024.03.05

犬の拡張型心筋症について|命に危険を及ぼす疾患 拡張型心筋症は、犬でよく見られる心臓病の一つで、心臓の筋肉が薄くなり、全身へ血液を送り出す力が弱くなってしまう犬や猫に見られる心筋症です。初期の段階では目立った症状が見られないことがあるため、飼い主様が病気に気付かないことも少なくありません。 【詳細を見る】

インコなどの鳥の爪切り、羽切りについて┃具体的なケアの方法や頻度は?

2024.03.01

鳥の爪切り・羽切り 犬や猫と同じように、鳥にもさまざまなケアが必要になります。特に爪切りや羽切りといったグルーミングはこまめに行う必要がありますが、その重要性や頻度などを知りたいという方も多いのではないでしょうか。今回は鳥のケアについての重要性や頻度、方法などを詳しくご紹介していきます。& 【詳細を見る】

猫のおしっこトラブル?┃冬は特になりやすい泌尿器疾患について

2024.01.10

おしっこトラブル 愛猫が突然、いつもとは異なる場所で排尿を始めたらどう思いますか?猫の行動には多くのメッセージが隠されており、それが泌尿器系の問題を示している可能性があります。猫の健康を守るためには、泌尿器疾患の初期サインを見逃さないことが重要です。今回は、猫の泌尿器疾患に関する症状や病気 【詳細を見る】

犬の三尖弁閉鎖不全症について┃違う病気から併発することも

2024.01.10

三尖弁閉鎖不全症 三尖弁とは、心臓の右心房と右心室の間にある弁のことです。通常、心臓では右心房から右心室へと血液を送り出しており、三尖弁はこの血液の循環にそって開いたり閉じたりしています。三尖弁閉鎖不全症とは、この三尖弁が変性してしまい、うまく閉じなくなることで、右心室から右心房へ血液の逆 【詳細を見る】

電話にてお問い合わせください。
048-992-2299

おがわ動物病院【画像】

所在地:
埼玉県北葛飾郡松伏町松葉1-6-2
アクセスマップはこちら
TEL :
048-992-2299
FAX :
048-992-2439
診療時間:
午前9:00~12:00
午後4:00~7:30
休診日 :
木曜、祝日、日曜(午後)
診療カレンダーはこちら
診療対象動物:
犬・猫・小鳥・ウサギ

PAGE TOP