スタッフブログ

  1. HOME > 
  2. スタッフブログ > 
  3. 春の初め

春の初め

2015.02.11

暦の上では立春も過ぎ、寒いのが苦手な私としては早く暖かくなってくれるのを願うばかりです
そもそも春とは、寒さが増さなくなった頃が始まりとされているそうで、立春が寒さのピークだそうです。
(私はこのブログを書くときに調べて初めて知りました・・・)

春の始まりと言ってもまだまだ寒く、ニュースで見聞きする豪雪地域の方々の苦労を思うと頭が上がりません

関東は去年ほどの大雪には見舞われていませんが、まだ油断はできませんね・・・


そんな寒さの中、ニュースで上野動物園のパンダが繁殖準備に入ったと報じられていました。
ジャイアントパンダの繁殖期は年に一度、2月〜5月だそうです。
3年前の赤ちゃんパンダは残念でしたが・・・今年は2頭のパンダに春がやってくることを祈ります



またこの時期に繁殖期を迎える身近な動物は、猫ちゃんです

猫は犬とは違い季節繁殖、その中でも長日繁殖動物といわれており、日本では文字通り日の長くなる1月〜8月が繁殖期とされています。

しかし、最近では夜間も照明で明るいので、一年中繁殖できるようになってきているようですが

加えて猫は交尾の刺激で排卵する動物なので、16〜36日あるとされる性周期のうち、4〜14日続く発情期中に交尾をすると確実に妊娠します!(ちなみにウサギもです)

発情期には、大きくて独特な声で鳴く・家具などに臭いをつける・腰を低くするなどの特徴的な行動が見られます。

避妊していないコで妊娠を望まない場合は、発情期がきたら男の子との接触に注意しましょう

 

獣医師:國吉

PAGE TOP